セフレ記事

セフレ目的で出会い系サイトを利用する女性が捕まるということはないのでしょうか

投稿日:

セフレ目的で出会い系サイトを利用する女性が捕まるということはないのでしょうか

援助交際や買春のニュースでは、大概の場合逮捕されるのは男性ですよね。

実際に売春をしている女性が捕まったという話は聞きません。

18歳未満の女性が援助交際をしていると、補導という形になると思いますが、検挙されるまでには至らないケースがほとんどです。

例をあげましょう。

道端で出会った男女が居たとします。

女性は20歳の大学生、男性は30歳の会社員。

この2人が相談の末、援助交際をする事になったとします。

この場合は、2人ともまず捕まりません。

なぜなら、買売春を禁じる法律はあっても、処罰は決められていないからです。

両者とも合意しているならば、誰もこの援助交際に水を差す事は出来ません。

また、買売春かどうか証拠もありません。

通常の男女交際でも金銭の受け渡しはあるので、具体的に追及する事は不可能でしょう。

ところが、女性が18歳未満だと、話は変わってきます。

これは児童買春にあたるので、男性は逮捕されてしまうのです。

良くニュースで報道されているのは、こうした援助交際です。

援交をする女子児童も多いので、逮捕者は後を絶たず、世間のイメージも「援助交際で男性が逮捕される」というものになってしまいました。

どっちにしろ女性はお咎めナシ。

そんな風に思った方は、間違った認識をしています。実は女性が捕まるケースもあるんですよ。

わかりやすいのは、出会い系サイトやSNSなどで、「援助交際してください!」という募集をした場合です。

法律では、公衆の目に触れる方法による売春勧誘を禁止しています。

つまり不特定多数が閲覧できるインターネット上で、堂々と援助希望をしていると、逮捕されてしまうんです。

仮に男性が募集をかけても同じ、男女問わずに売春防止法という法律で取り締まられることでしょう。

こうした理由から、出会い系サイトで援助交際をする時は、専門用語でやり取りされるのが通例となっています。

もしくは、直接連絡先を交換するまで、具体的な話を伏せている事も多いのです。

インターネットを利用するならば、女性が逮捕される可能性も十分にありえます。

捕まった後で言い訳しても、どうしようもありません。

後悔先に立たず、知らなかったでは済まされないので、覚えておきましょう。

-セフレ記事

Copyright© ファッションレンタルライフソフトウェア , 2021 All Rights Reserved.